読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basketballcoach’s blog

~下手くそ選手がコーチを目指す~

Basketballcoach's BLOG

~下手くそ選手がコーチを目指す~

はじめまして、ブログ始めました。

当ブログにお越し頂きありがとうございます。

まずは、自己紹介。

名前は日向(ヒューガ)と申します。

首都圏に住む30代前半のサラリーマン。

週末は体育館にくり出すバスケ好き。

バスケは下手くそなものの、三日坊主の僕が唯一続けているもの。

 

こんな僕がバスケを通じて学んだ事などをシェアすることで、誰かの助けになればとの思いからブログを開始。

また、自身もいろいろ吸収し成長していきたいと思っている。

3流プレーヤーの僕が目指すは常勝チームのヘッドコーチ。

 

 プレー経歴

中学生の時にバスケと出会う。必ず部活動に入部しないといけない学校で、一番練習がキツイとされていたバスケ部に入部。まさかのドМ体質?

練習は真面目に一生懸命やっていたものの、上手くはなれず、強くもなく弱小でもない中学校でベンチを温める日々。悲しい事に中学の引退試合は出場時間ゼロ。

 

高校は公立ながらそこそこバスケに力を入れている学校に入学。そこで恩師と出会う。

『お前の下手くそなドリブルなんか見たくないんだよ』と怒られながら、アウトサイドシュートを猛特訓。小さい地区での選抜に選ばれる。しかし最後は『強いチームとも弱いチームとも接戦を演じるよね』と揶揄されながらの初戦敗退で引退。

 

高校卒業後はプロバスケットボール選手になりたく、某プロチームの練習生として練習に励む。アウトサイドシュートには自信があったものの、他の選手のレベルの高さに驚愕。

同時に今まで抱えていた腰の爆弾が爆発。動けなくなり選手としての第一線を離れる事に。リハビリを行いながら、バスケの勉強を開始。

 

その後もバスケが上手くなりたいという気持ちは薄まることなく、30代の今でも地元のクラブチームでプレイングコーチとして活動中。

 

その他経歴

日本公認審判免許取得

『バスケが上手くなりたいなら裏方を一生懸命やりなさい』との恩師の言葉。最初は嫌々やっていた審判だが、気が付くと面白くなっていた。審判資格を取得するとプレイヤーとしての幅も広がった様な気がする。先生の言っていた言葉の意味が少し分かった気がする今日この頃。

 

C級コーチライセンス取得

自身がケガをしてからはバスケを教える事に楽しさを覚えた。自身が『考えながらバスケする事』が好きなので、その必要性や重要性をチームに教えてきた。

中学女子チームのアシスタントコーチとして2年。その後、大学生チームのヘッドコーチとして2年活動。

 

観戦も大好き

毎年、オールジャパンウィンターカップは現地で観戦。

『派手なだけで身体能力任せのバスケじゃん』と食わず嫌いだったNBAも『そんなことないじゃん』と考えが変わり、少しづつだがテレビ観戦。