読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basketballcoach’s blog

~下手くそ選手がコーチを目指す~

Basketballcoach's BLOG

~下手くそ選手がコーチを目指す~

目まぐるしく変わるルール

こんにちは、ヒューガです。

今回は、バスケの「ルール」について話そうと思う。

あなたもバスケをしていて、『えっ!?またルールが変わるの?』と思ったことはないだろうか。

また、ブランクが長い方からは『そんな変更点があるなんて知らなかったよ』という言葉を聞いたこともある。

それもそのはず、大小を含めると2年に1度のペースで競技規則に変更があるのだ。

f:id:basketballcoach:20170121125124j:plain

なぜ変わる?競技規則

一概には言えないのだが、競技規則が変更される要因として、以下の3点が考えられる。

  1. バスケルールの統一化
  2. 競技者の技術向上
  3. 観戦者への配慮

それぞれ順を追って説明しよう。

 

1.ルールの統一化

実は、オリンピックや国際試合で用いられているルール(国際バスケットボール連盟FIBA)とアメリカの最高峰バスケットボールリーグが用いるルール(NBA)では、異なる点が多い。

その為、オリンピックに出場したNBA選手が、ルールの違いに困惑している様子を観る事がある。

 

直近では、制限区域が台形から長方形に変更になった点や3ポイントラインが拡大した。

これらのことは、皆さんも記憶に新しいだろう。

この変更は、’’バスケのルールを統一化したい考え”のFIBA側がNBA側に歩み寄った結果と伝えられている。

 

2.競技者の技術向上

先に挙げた3ポイントラインの拡大は競技者の技術向上も大きく関係している。

ラインの拡大理由として、 FIBAのバウマン氏は「世界選手権などで3ポイントシュートが簡単に入るようになってきたため」と語っている。

 

また、現代バスケットボールが形成される上で、その発展に最も影響を与えた選手の一人としてジョージ・マイカンの逸話などが、挙げられる事が多い。

身長208cmの彼が、試合での支配力があまりにも強大であり過ぎるため、"ゴールテンディング"や"ショットクロック"などのルールがマイカンの影響で設けられたとされている。

 

ショットクロックの誕生秘話は、実に面白い。

恵まれた体格と、類まれなフックシュートのセンスを持ち合わせたマイカン。

彼がひとたびボールを持つと、高確率でシュートを成功させてしまう。

その為、彼のチームにボールを保持されまいと、1点でも多く得点をしたら、ボール回しを行い、ひたすら逃げ回るといった試合が散見された。

NBAの長い歴史の中でも最低得点試合になる、レイカーズ 18-19 ピストンズ

当時、レイカーズに所属にしていたマイカン。そんな彼にボールを保持されないよう、ピストンズが行った戦術である。

しかし、ボールを保持し続けるだけの試合が面白いはずもなく、当然のように観客からは抗議が殺到した。

結果、1954年に"ショットクロック"が導入されることになった。

 

また、これ以外にも、ひと昔前のルールではヴァイオレイションになっていた、アレン・アイバーソンなどが得意とする”クロスオーバー・ドリブル”やマヌ・ジノビリなどの欧州選手が使う”ユーロステップ”などが試合で観られるのは、競技者の技術向上に際し、ルールの見直しが行われた結果だと考えられる。

 

3.観戦者への配慮

先にも挙げたように『観客からの抗議』などはルール見直しに大きな影響を与える。

『スポーツは観ても楽しいもの』という娯楽的感覚が広く一般化された昨今。

観戦者への配慮がとても大切になってくる。

 

国際ルールの”ショットクロック”は当初、30秒だった。しかし、よりスピーディーな試合展開を望む声に後押しされる形で、24秒に変更された。

 

また、バレーボールの話になってしまうのだが、もともとはサーブポイント制(=サイドアウト制)だったのだが、ラリーポイント制になった。

これは、試合時間短縮にも繋がり、テレビ放送も含めた、観戦者への配慮が要因と言われている。

 

最後に

バスケットも、まだまだルール変更があるかもしれない。

日本での、バスケのテレビ放送が圧倒的に少ない事からも推測されるように、『観戦者への配慮』が足りていないと感じる。

僕も知人にバスケのテレビ観戦を勧めたが、返ってきた第一声は『笛が鳴って試合が止まるけど、なにが起きているのか分からない』といったものだった。

バスケが、より魅力的なスポーツになっていく為には、観戦者への対策も必要だろう。

 

今までは『またルール変更があるの?』と否定的だった僕だが、ルール変更の理由を探る事で、バスケの奥深さを再発見することが出来た。

また、今後はバスケ界の発展の為のルール変更なら、構わないとも思っている今日この頃である。

 

 
バスケットボール ブログランキングへ

ビハインド・ザ・バックパスは有用か?

こんにちは、ヒューガです。

今回は、「パス」について書こうと思う。

テーマは、『ビハインド・ザ・バックパスは有用なのか?』である。

f:id:basketballcoach:20170116225329j:plain

 はじめに

皆さんは、「ビハインド・.ザ・バックパス」をご存知だろうか?

その名の通り、片手でボールをコントロールし、身体の後ろ側(=背中)をまわして出すパスの事である。

 

僕が学生の時に、NBA選手のジェイソン・キッドやジェイソン・ウィリアムス、スティーブ・ナッシュなどが用いていた上級者のパス。

 ディフェンスの視野からボールを隠すことが出来るため、ボールへの反応や判断を遅らせることが出来る。

それに、成功するとカッコイイ!!

 

ナルシストのたまり場だった我が部活では、このパスが大流行。

皆がこぞって練習し、ここぞとばかりに披露した。

 

しかし、僕は、このパスを多用する選手を毛嫌いし、嫌悪感すら感じるようになっていった。

 

パスの役割

そもそも『パスの役割とはなんだろうか?』と考えた時に、僕は情報共有ツールのひとつだと考えている。

パススピードや投じる場所を変えることで、ディフェンスの位置や次に起こしてもらいたい行動などを情報として盛り込んでいる。

 

皆さんも味方にパスを出したのに『なんでシュート撃たないんだ?』と思った事はないだろうか?(←これはパスにシュートを撃てと情報を込めている証拠)

 

逆に、パスを受けて『こんなひどいパスじゃシュート撃てないよ』と思ったことはないだろうか?(←これはパスの出し手と受け手で次の行動の共有が図れていない事が原因)

これはいずれも、「パスには情報を込められる事」と「受け手と次の行動を共有できる事」を表している。

 

本題『ビハインド・ザ・バックパス』は有用なのだろうか?

僕は、パスを出す際に大切にしている事が二つある。

  1. ミスをしない。あるいはミスする可能性が低い方法を選択する。
  2. パスに情報を込め、受け手と行動の共有化を図る。

しかしながら、ビハインド・ザ・バックパスでは、上記ふたつのうち、どちらもクリアできていないと考えている。

 

ビハインド・ザ・バックパスが、高度なスキルを要し、上級者のパスである事からも分かるように、ミスのリスクは格段に上がってしまう

また、パスの出所が分からなくなるので、受け手との情報共有も困難になってくる。

 

ここまで否定しておきながら、話すのが恥ずかしいのだが、僕も全くこのパスを使ってこなかった訳ではない。

レイアップの瞬間、ビックマンに立ちはだかられ、シュートもパスコースも塞がれてしまった。仕方なくボールを背中側を回すと、味方のユニフォームが見えた。その方向に放り投げると、たまたまパスが繋がり、会場からは『お~ぉ!』とどよめきと歓声が上がった。

 

「緊急の危機回避技術としては、有用なのかもしれない」と思った一場面であった。

 

最後に

結局のところ、自分ではビハインド・ザ・バックパスの有用性を判断できかねている。

しかし、一個人の感想を述べるとしたら、このパスを独りよがりで、カッコつける為に多用する選手は嫌いである。

先に述べたように、僕はパスの大切な役割として『味方との情報共有』があると考えている。その為、自身がチームコーチになった時には、パスの役割についてもしっかりと教えていきたい。

また、同じようにパスミスを犯したとしても、チェスト・パスとビハインド・ザ・バックパスとでは味方に与えるダメージが異なってくると思っている。

 

以前、フローターシュート(ティアドロップ)を初めて見た時にも、同じような感覚に陥ったことを覚えている。

『シュートを適当に放り投げて、完全にオフェンスの負けじゃん』と思っていた。

しかし、今では高いブロックをかわす為の技術として確立され、このシュートが上手な選手の決定率はかなり高い。

 

今までは、試合中に見る機会の少なかったビハインド・ザ・バックパスだが、『技術が発達するにつれ、スタンダードになっていくのかもしれない』とも思っている。

ビハインド・ザ・バックパスがうまく決まると会場が沸くように、周囲の目を引くかっこいいスキルではあると思っている。

 

日本国内におけるバスケットボールは、競技人口が多い割には、野球やサッカーのように広く世間一般には浸透していない(B.LEAGUEが始まったとは言え、まだ成功しているとは言えない段階であることは明白だろう)。

今後、バスケ界の発展にはこうした『かっこいい』という視点も大切なのかも?と考え始めた今日この頃である。

 

 
バスケットボール ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

シュート力向上委員会

こんにちは、ヒューガです。

ふざけたタイトルで始まった本日の記事。

しかし、皆さんも『シュート力を上げるにはどうしたら良いのだろう』などと考えた事はないだろうか?

僕は毎日のように考えている。そして、不定期ながらもシュート力向上の見解を持った人間で集まり、会合を開いている。

 

体育館以外の場所で集まり、本気で、暑苦しく、『シュート力向上』をキーワードに語り合っている。(体育館以外で行うのには訳があり、シュートに対して理論的アプローチから向上を図りたいと考えたからである)

f:id:basketballcoach:20170115174204j:plain

 

シュートはセンスで決まる!?

僕が学生時代に言われていた言葉『シュートにはセンスが必要だが、ディフェンスに必要なのは努力のみだ』

いろいろと解釈の仕方はあると思うのが、本来は努力を促す言葉であったり、ディフェンスの必要性を謳った言葉なのだろう。

僕も『ディフェンスを頑張れば試合に出してもらえる』との思いから、一生懸命に練習したのを覚えている。

しかし、それと同時に天邪鬼な僕には一つの疑問が浮かんだ。

はたして本当に『センスのない僕はシュートが上手くなれないのであろうか』

 そこで、そんな疑問に立ち向かうべく自分自身を使って検証すると決めた事がすべての始まりだった。

 

見えてきた共通点

 『シュート力を向上させる』そう決めてからは、シュートが上手な人のプレーを、たくさん見るようにしてきた。すると、自分なりにだが、いくつかの共通点を見出すことができた。

 

共通点①…力みのない綺麗なシュートフォーム

中学生時代から実業団や大学生の試合を見るのが好きだった僕。いろんな人のシュートフォームを見て、研究したり、真似したりしたが、安定してシュートが入る人は皆、フォームに力みがなく、綺麗だった。

逆に言うと、シュートを安定的に決めるためには、綺麗なシュートフォームが必須だと考え、よく鏡の前で素振りを行っていた。

 

 野球で言う素振りやシャドーピッチングのような感じで、ボールを持たずに、ただひたすらに鏡の前でフォームの確認をしていた。

当時は『アイツは何をやっているんだ?』とか『見た目ばかり気にしちゃって…ナルシストだな』などと後ろ指刺され、笑われた事を覚えてる。

しかし、これを繰り返すことで、身体から余計な力が抜けて、自分にとって理想的なシュートフォームに近付けた感覚があった。

 

 

共通点②…高いアーチとバックスピン

NBAやB.LEAGUEなどのハイライトでよく見る、3P成功のシーン。

必ずと言っていいほど、アーチが高く放たれたシュートで、バックスピンのかかったそのボールは、綺麗な放物線を描きながらゴールに吸い込まれていく。

レジー・ミラーやレイ・アレン、最近の選手だとステフィン・カリーやクレイ・トンプソンなどのハイライトを見ると分かって頂けると思う。

日本人選手だと、折茂選手・岡田選手、最近だと金丸選手・辻選手など。

 

これを見て、綺麗なバックスピンをかける事と距離よりもアーチの高さを一定にする事を意識してシュートの練習を行っていた。

 

共通点③…シュータータイプが持つ独特のリズム

これに至っては完全に僕の私感でしかないのだが、シュータータイプの人間かどうかはフットワークやドリブルワークを見ていると分かったりもする。

 

※ガードタイプは相手のリズムを崩したり、自分のリズムを悟られないように、小刻みに変化をつけているように感じる。逆にシュータータイプは自分の中にある一定のリズムを大切にしていて、崩さないように努めているように感じる。

 

シューティングを見ると『やはり彼がシューターだよね』と当たっている事が意外と多い。

 

大切なのは撃つこと、撃ち続けること

皆さんもマッチアップ相手のシュートを見て『あぁ、この人はシュート入らないな』と思ったことはないだろうか?

逆に『この人のシュートは入る』と思った事もあるだろう。

 

それほどまでに、シュートフォームやアーチ、綺麗なバックスピンは重要、かつ、相手に与える情報量がとても多いと考えている。

 

アウトサイドシュートが上手な人の共通点に気付いてからは、練習時に意識する点も変わってきた。

以前は『シュートが入った』『外れた』などの結果だけに一喜一憂していたのだが…。

もちろん結果も大切である。

だが、それと同じくらいにシュートに入る前の過程やシュート動作自体が大切だと気付いた。

入ったとしても悪いシュート、外れたとしても良いシュートが存在する。

 

 

なんのセンスも才能もなく、身体能力が高い訳でもない僕が、『アウトサイドシュートが得意です』と答えられるようになったのは、こうした考えと練習の成果だと思っている。

月並な事を言うと、『練習は決して裏切らない』

また、少し行き詰ってきたら、シュート力向上に対して、違うアプローチも良いのではないだろうか?

 

今後も、自身の経験や会合での話し合い結果などを嚙み砕きながら伝えていきたいと考えている。

 


バスケットボール ブログランキングへ

 

 

 

オールジャパン2017観戦記

こんにちは。ヒューガです!

皆さんはオールジャパン2017(第92回 全日本総合バスケットボール選手権)をご覧になったでしょうか?今回は観戦記を書かせて頂くので、結果などのネタバレにはご注意を。

 

f:id:basketballcoach:20170114211942j:plain

新時代の予感!?

今大会のキャッチフレーズでもある『歴史と共に、新時代を築く』

その言葉通り、シーホース三河や川崎ブレイブサンダースといった強豪チームを破って、千葉ジェッツが初優勝。なんだか感慨深いものである。

また、新時代というところだと、若いヘッドコーチが増えてきたように感じた。

大野HC(千葉ジェッツ)や伊藤HC(アルバルク東京)は、僕と同じく30代。

嬉しい気持ちと同時にとても良い刺激を受けている。

 

好采配が交錯するシーソーゲーム

僕が最も面白かった試合を挙げるとするならば、男子準決勝の川崎ブレイブサンダース VS アルバルク東京である。

北HC(川崎)も伊藤HC(東京)も、ディフェンスに重心を置きながら、自分たちの流れを作り出そうとする試合はとても見応えがあった。

 

選手交代のタイミングで流れを作った川崎。

途中出場の栗原選手・藤井選手・磨々道選手の大活躍を見ると、北HCの選手起用のタイミングや戦況を読む能力の高さが分かる。

 

一方で、伊藤HCはアメリカでバスケットを学んできたという事もあり、タイムアウトのタイミングが絶妙だったように感じる。

流れが川崎に傾きかけた時はもちろん、ここで得点を重ねれば流れが東京に傾くと感じた時にはタイムアウトを有効的に使っていた。

 

結果的には、川崎の勝利で決着した試合だったが、最後の最後までどちらが勝つか分からなかった。

 

しびれる采配 伊藤HC(東京)

やはり一番の見どころは競った展開の4Qだったろう。そしてHCの腕の見せ所。

 

東京のギレンウォーター選手が4つ目のファールを犯し、窮地に追い込まれる。

そこで伊藤HCは選手を交代。ギレンウォーター選手に近寄り、1分近くコミュニケーションをとっていた。

恐らくだが『勝利には君の力が必要だ。冷静にゲームに臨んでくれ』的な話をしたのではないだろうか。

僕にも経験があるのだが、こういう場面でのコーチによるメンタルフォローはとても嬉しく、リラックスができ、励みになる。どこか気持ちが焦っていたり、熱くなり過ぎていた所を、チームの勝利の為に仕事をしようと言う気持ちにさせてくれる。

 

結末を言ってしまうと、このあと交代で試合に戻ったギレンウォーター選手であったが5つ目のファールを宣せられ、退場してしまう。しかし、こういった細やかなフォローが選手からの信頼を得るのだと感じさせてくれた一場面であった。

 

しびれる采配 北HC(川崎)

北HCのすごい所はなんと言っても、試合の流れを読む能力がとにかく高い事だと思う。

それほどまでに選手起用のタイミングなどが絶妙で、ただただ感心してしまう。

とくに僕が鳥肌が立った場面は試合の終盤。東京が最後のタイムアウトを取った場面である。

僅かな点差で負けていた東京は流れを呼び込むべく、念入りにオフェンスの指示を出す。

 

迎え撃つ川崎は、その指示を見透かしたようにディフェンスシステムを変更してみせた。

結果、マンツーマンからゾーンディフェンスに変えた川崎を攻略する事が出来ず。

 東京は71-78の僅差で敗れ、準決勝で姿を消した。

 

最後に

僕が愛読しているバスケットボール競技規則には、バスケ界の発展・レベルアップには『プレイヤー』・『審判』・『観衆』・『指導者』の四方向からの努力が必要と記されている。今回はその中でも指導者にフォーカスして話をしてきた。

今後も自身がレベルアップしていきたいと考えている、コーチ(=指導者)としての目線で、ブログを更新していきたいと思っている。

 

また、今までの経験で培ってきたプレーヤーとしての目線。資格を有している審判としての目線。見応えのある試合を観戦してきた観衆としての目線からもブログの更新をしていきたいと考えている。

 


バスケットボール ブログランキングへ

バスケコーチの重要性

f:id:basketballcoach:20170109210920j:plain

こんにちはヒューガです。

僕も今までに15年ほどプレイヤーとして活動してきたが、それはもう…様々なタイプのコーチのもとでプレーしてきた。

ひたすら怒鳴られ、走らされ、殴られた事だってある。

また、この人は僕に全く関心が無いんだなと思う程にアドバイスをくれなかったコーチもいる。

 

バスケ発展途上国である日本では、学生時代に部活動に所属していないとバスケに打ち込める環境は限りなくゼロに近い。

という事は、その部内でも大きな存在になるコーチが占めるウエイトは大きい。

 

恩師との出会い

僕は幸運なことに、恩師と呼べる方と高校生時代に巡り合う事が出来た。

恐い部類に入る先生ではあったが、僕に『考えるバスケ』の楽しさや大切さを教えてくれた。

また、『お前の下手くそなドリブルなんか見たくないんだよ』という言葉が『お前のアウトサイドシュートには期待している』という言葉の裏返しだと分かった時には涙が出るほど嬉しかった。

 

理想のコーチ象

やはり、自身の経験上、高校の先生の存在は大きく、理想像の大半を占めている。

 「チームが勝つために自分は何ができるだろうか」と常に考えていた。

身体能力が特別高い訳でもない僕が、今もバスケを続けていられるのは、このマインドのおかげだと思っている。

僕も選手に対して『気付き』を与えてあげられるようなコーチになりたいと思っている。

 

ミニバスは教えない

僕も何度かミニバスのコーチを依頼されたことがあるが、その度にお断りしている。

それは、ミニバスのコーチの難しさや大切さを分かっているつもりだからだ。

僕の周りには『勝利至上主義』のミニバスに所属していて、大学までバスケを続けた人間はいない。

逆に、ミニバスは弱小チームだったが、バスケの楽しさを教えてくれたと語った友人は

B.LEAGUEのB2で活躍している。

 

もちろん『勝利至上主義』を否定するつもりはない。僕も負けず嫌いだし、バスケが得点を競い勝ち負けを決めるスポーツである以上、勝利を優先する事は当たり前だと思う。僕がコーチをやったとしても、どうしたら勝てるかを考え、勝ち方を教えてしまうだろう。しかし『わざとファールしろ!』などの怒号が飛び交うミニバスの試合会場は異常だとも感じてしまう。

こんな考えからか、ミニバスのコーチをやれずにいる。

 

大切なのは『気付き』

どのカテゴリーにおいても、選手に気付きを与えられるコーチは優秀なのではないかと思う。

自身はミニバスの経験はないのだが、選手にはバスケの『楽しさ』に気付かせてあげられる事が大切だと思う。

 

中学時代には『向上心』を気付かされた。どうやったら上手くなるのかを寝ずに考えた日もあった。

 

大きなターニングポイントでもあった高校時代には、『チームの勝利の為に自分は何をすべきだろう』と考えることが大切だと気付かされた。たとえ試合に負けたとしても、自身のマークマンよりも多く得点をすることでどこか安堵し、気持ち良くなっていた僕。

こんなふざけたマインドを徹底的に叩き直してくれた。

 

練習生の時には『感謝の気持ち』にも改めて気付かされた。僕がプレーするために、どれだけの人が尽力して下さっているのかを再認識させてくれた。

 

もちろんコーチ(=監督)の存在や言葉だけで気付けた事ばかりではなく、環境なども影響しているだろう。

しかし、僕はそんな環境作りも含めて、選手に気付きを与えられる存在。

そんなコーチに僕はなりたい。

 

はじめまして、ブログ始めました。

当ブログにお越し頂きありがとうございます。

まずは、自己紹介。

名前は日向(ヒューガ)と申します。

首都圏に住む30代前半のサラリーマン。

週末は体育館にくり出すバスケ好き。

バスケは下手くそなものの、三日坊主の僕が唯一続けているもの。

 

こんな僕がバスケを通じて学んだ事などをシェアすることで、誰かの助けになればとの思いからブログを開始。

また、自身もいろいろ吸収し成長していきたいと思っている。

3流プレーヤーの僕が目指すは常勝チームのヘッドコーチ。

 

 プレー経歴

中学生の時にバスケと出会う。必ず部活動に入部しないといけない学校で、一番練習がキツイとされていたバスケ部に入部。まさかのドМ体質?

練習は真面目に一生懸命やっていたものの、上手くはなれず、強くもなく弱小でもない中学校でベンチを温める日々。悲しい事に中学の引退試合は出場時間ゼロ。

 

高校は公立ながらそこそこバスケに力を入れている学校に入学。そこで恩師と出会う。

『お前の下手くそなドリブルなんか見たくないんだよ』と怒られながら、アウトサイドシュートを猛特訓。小さい地区での選抜に選ばれる。しかし最後は『強いチームとも弱いチームとも接戦を演じるよね』と揶揄されながらの初戦敗退で引退。

 

高校卒業後はプロバスケットボール選手になりたく、某プロチームの練習生として練習に励む。アウトサイドシュートには自信があったものの、他の選手のレベルの高さに驚愕。

同時に今まで抱えていた腰の爆弾が爆発。動けなくなり選手としての第一線を離れる事に。リハビリを行いながら、バスケの勉強を開始。

 

その後もバスケが上手くなりたいという気持ちは薄まることなく、30代の今でも地元のクラブチームでプレイングコーチとして活動中。

 

その他経歴

日本公認審判免許取得

『バスケが上手くなりたいなら裏方を一生懸命やりなさい』との恩師の言葉。最初は嫌々やっていた審判だが、気が付くと面白くなっていた。審判資格を取得するとプレイヤーとしての幅も広がった様な気がする。先生の言っていた言葉の意味が少し分かった気がする今日この頃。

 

C級コーチライセンス取得

自身がケガをしてからはバスケを教える事に楽しさを覚えた。自身が『考えながらバスケする事』が好きなので、その必要性や重要性をチームに教えてきた。

中学女子チームのアシスタントコーチとして2年。その後、大学生チームのヘッドコーチとして2年活動。

 

観戦も大好き

毎年、オールジャパンウィンターカップは現地で観戦。

『派手なだけで身体能力任せのバスケじゃん』と食わず嫌いだったNBAも『そんなことないじゃん』と考えが変わり、少しづつだがテレビ観戦。